So-net無料ブログ作成

α55・・・動画でボロクソに言われていますが・・・ [カメラ]

僕が、α55を買った理由は大きく2つあります。
αレンズでオートフォーカス可能で動画が撮れること
α900のサブ機(α900が使えないときの予備)として利用できること

それが見事なまでに、対応されたのがα55だったのです[るんるん]

しかし[exclamation&question]
蓋を開けると、手持ち補正動画撮影時間が、気温20℃で約9分とか・・・
9分と聞いたら、なんとなく5分は撮れるかなと思うのが人の想いかと思います。
ところが[あせあせ(飛び散る汗)]
今年の激しい残暑のおかげで、9月中旬でも39℃を記録する暑さのためか、
なんと、1分で強制終了されてしまう事実が発覚しました[がく~(落胆した顔)]

たぶん、かなりの問い合わせがソニーさんに行ったのでしょう[バッド(下向き矢印)]
ソニーさんのHPに取扱説明書には載っていない情報が開示されました。

さぁこれで、価格.comでは大賑わいでした[わーい(嬉しい顔)]
アンチソニーさんから、他社機信者さん、そしてソニー信者さん入り乱れての投稿です[たらーっ(汗)]
なるほど~と思う内容から、はぁ???と思う内容まで、大変勉強になりましたが、
やはり、動き始める1歳~4歳辺りの子供撮影において、動画の記録時間や撮像素子からの
出力コマ数ってのはあまり関係ないことが分かりました[揺れるハート]
もし、僕の息子と同年代のパパ&ママが、あの投稿記事をみたら、間違えた判断をするかと、心配してしまいましたが、ある意味、仕方がないことで、やはり色んな経験でお買い物が上手になるのではないでしょうか[るんるん]

僕の出した現時点での結論は・・・
動画はビデオ専用機がBest
写真はAPS-C以上の撮像素子のカメラ(いわゆる一眼カメラ)
になります[ひらめき]

手持ち動画撮影を前提にすると、理由はいたって簡単です[ひらめき]
*手ぶれ補正でもレンズのズームリングを手で回すとブレます。
*特に背景のボケを活かしたい時は中望遠になり、さらにブレが目立ちます。
*手持ちで総重量1Kgであれば、撮影時間は3分がいいところ。

写真については、一眼レフが良いのは素人でも検討はつくと思います[るんるん]
上記のことから、一眼カメラの動画機能は、全ての機種でおまけ程度に考えておけば良いのでは思います。

以上の事から、お子様成長記録1~3歳の方は・・・
動画対応一眼カメラが最高ではないでしょうか[わーい(嬉しい顔)]
あれ?と思われるでしょう。理由は、上記の逆説ですね[揺れるハート]
3分もあれば、動画十分
やはりAPS-Cの撮像素子での描写は最高
ズームを使わず、自分で動いて撮影すればそんなにブレない
ボケ味たっぷりの素敵な思い出写真・動画が1台で
ということで、僕にとってα55は、十分に満足できるカメラなのです[わーい(嬉しい顔)]

4歳以上になると、幼稚園のお遊戯や運動会等々のイベントが出てくるので、撮影時間が重要な要素になります。つまり、僕の息子は来年4月以降、α55では限界を感じる状況になります。
なので、早くα900の後継機でせめて20分手持ち動画撮影対応のカメラを発売してほしいです[ぴかぴか(新しい)]
できれば、動きもあるので、出力コマ数もしっかり出してもらわないと・・・

さて、まだ発売されていないボディを考えても仕方がないので、現実直視してみると・・・
α55とほぼ同時に発売されているレンズがあるじゃないですか[あせあせ(飛び散る汗)]
僕は、ソニーファンでもなければαファンでも無いのです・・・αレンズファンなのです[わーい(嬉しい顔)]

SAL24F20Z Distagon(ディスタゴン)
ボディよりもレンズが気になってしまうのです[あせあせ(飛び散る汗)]

僕が所有する超高級レンズの中で、いざとなれば売却(ドナドナ)しても仕方なしと思うαレンズが、
SAL2470Z(バリオゾナー)SAL70300Gの2本なのです。
理由は、単純です・・・写りが???と思うからです。
たしかに、安価なズームと比べると、素晴らしいレンズですが、他のZEISS、Gレンズと比べると
うーん・・・と思うレンズなのです[ふらふら]
SAL2470Zでの24mm開放では、歪み、周辺減光、周辺解像感が今ひとつ・・・
35mm近辺だと、結構良いのですが・・・少し残念と思うレンズなのです。

その様な中、ついにSAL24F20Z Distagonが発売いされてるではないですか[揺れるハート]
早速、奥さんに報告と許可をもらう前に、先行発注してしまいました[たらーっ(汗)]

さて、ある土曜日の朝にDistagonは我が家に到着しました・・・
奥さん: パパ、ソニーさんから何か届いているわよ・・・(ドスが効いた声でした[あせあせ(飛び散る汗)]
僕  : あれ、何かな[たらーっ(汗)]
奥さん: この箱の大きさは・・・(更にドスが効いています[がく~(落胆した顔)]
僕  : 心の叫び 「やばい・・・目が充血したように見えるのは気のせいか・・・」
奥さん: おまえ~またやったな[むかっ(怒り)]
僕  : いや・・・あの・・・俺って奴は・・・(泣くふり)
奥さん: こないだ買った奴(SAL300F28G)が最終兵器じゃなかったの[exclamation&question]
僕  : いや・・・あれは望遠側で、広角側の最終兵器では無いので・・・
奥さん: 本当に・・・もう・・・で、どんなレンズ?
僕  : はい、広角単焦点のディスタゴンって言い・・・
奥さん: えっ? タンスにゴン [exclamation&question]
僕  : いや、あの・・・広角単焦点のディスタぁ・・
奥さん: えっ? ディアマンテ
僕  : ちゃいます、あの・・・広角単焦点のデぃ・・
奥さん: えっ? だいなごん(大納言)
僕  : いや・・・あの・・・
心の叫び 「ええ加減にせぇ~ なんでDistagonが大納言になるんや~豆とちゃうぞ~

僕の奥さんは、とっても楽しい人だと理解できました[わーい(嬉しい顔)]
これで、我が家のDistagonは、大納言という名前になりました[ひらめき]

さて、窮地を凌いだので、早速試し撮りに出発です[グッド(上向き矢印)]
この大納言はすごい写りです[るんるん]
試し撮りは、スカイツリーにしました。
_DSC0751.JPG
α900 SAL24F20Z 絞りF11 SS1/125 露出補正-0.3 ISO200 WB太陽光

_DSC0761.JPG
α900 SAL24F20Z 絞りF11 SS1/160 露出補正-0.3 ISO200 WB太陽光

_DSC0725.JPG
α900 SAL24F20Z 絞りF11 SS1/50 露出補正±0 ISO200 WB太陽光

この立体感、この解像度・・・さすがにレンズ界の大納言です[揺れるハート]
素晴らしいレンズに出会うことができました。
愛すべきαレンズがまた1本増えました[ぴかぴか(新しい)]

翌週、師匠1と一緒に今年最初で最後の紅葉撮影強化訓練に参加しました。
α900、α55とαレンズは、大納言は当然で、大好きなSAL70200GSAL135F28STF[るんるん]
を引き連れてやってきました[わーい(嬉しい顔)]
楽しかったです~ さぁ後は、息子の動画撮影だ・・・

あれ[exclamation&question] 何故、僕は、大納言を買ったのだろうか・・・
最初は、何か別の物を買おうとしていたのではないか・・・ たしか一眼ビデオのために・・・
そうだ、来年にむけて、αレンズで映画みたいな感じの息子成長記録を残すために・・・
買うべき物があったはず[がく~(落胆した顔)]
予算を大納言に使ってしまった[ふらふら]

大納言 豆じゃないのよ Distagon

To be continued

PS:師匠と行った紅葉撮影強化訓練の結果をLife-XにUPしております。
お時間ある方は是非、ご覧ください。


nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。