So-net無料ブログ作成

M42星雲のウルトラマンと出会ってしまいました・・・ソニー復活論その2 [レンズ]

ソニーエコシステムができると、ソニー製品・サービスが簡単にまとめることができます。[るんるん]
ソニーエコシステムについては、コチラ(←クリック)をご覧ください。
今年に入って、PlayMemoriesとかいうサービスを始めるようです。
これは、僕の言うソニーエコシステムの一部の機能ですが、最低限、音楽も入れないと・・・[たらーっ(汗)]
ただ、とりあえずスタートした事は良しではないでしょうか[わーい(嬉しい顔)]
ただ、全てのデバイスの管理/アップデートやコンテンツ販売含め、ソニーエコシステムを稼働させないと、いつまでもAppleやサムソンにやられ続けてしまいます。[ふらふら]

提案2:栄光の歴史を存分に使いまくり時代に即した製品開発

時代の流れをまったく理解しないで、ひたすら売れないTVを価格戦争でしか考えられない経営陣には、さっぱり分からないと思いますが、今のソニー製品は、ニッチな商品が多いと思います。
だから、数が出せない、数が出ないから価格も高い、安くするために品質が落ちる・・・
最悪なのが、経営陣にアイディア無しってきたものですから、ソニーブランドも地に落ちています。
Apple社がTVを出しそうだ・・・彼(ジョブス氏)は絶対やってくる
と恐れてしまったストリンガー君[わーい(嬉しい顔)]

アホですか[exclamation&question]

そんな物、iPadのデカイ奴に決まってるでしょうが~
いくらデカいiPadでも直接指で画面を触るわけにはいかないので、WEBにアクセスしたりYoutubeを大画面で見たりメールの送受信、アプリを大画面で動かしたり、iBookを大画面で見たりするために入力機能や指操作を手元のiPhoneやiPadでできるようになると思います。
そして、文字入力だけじゃつまらないので、今までのボタンだけのリモコンじゃなくて、iPhoneやiPadが、ビジュアルなリモコンになって、直接TVに触らなくても指でホイホイと放送画面がめくれて、今までにないチャンネル変更や、指で画面を大きくして拡大できたり、指で2回ポンポンすれば、劇場サイズの映画が画面いっぱいで見れるとか、FaceTimeを使ってTV電話みたいな事ができるとか、音声でチャンネル変更や番組検索できるとか・・・
色んな事が簡単に想像できるでしょ。[むかっ(怒り)]
どんなアホでも想像できるのに。[るんるん]
恐れる前に、しっかりスマートフォンやタブレットを戦略持って開発していたら恐れることないのに・・・
そんな事を考えもしないで、赤字TVは聖域なしでリストラ・・・
何年やってるの?同じ事やっても結果は同じなのは、バカでも分かります。
それを胸はって発表する平井君・・・早く退場しないともっとバカたれソニーになります。
しかし、日経記事によると、その平井君が、社長になるとか・・・最悪な結果が待っているかも[がく~(落胆した顔)]
心ある株主の皆さん、事実を見てBestな判断をしてください。

昔は多くの人が必要とした、もしくは興味を持った分野が、今ではPC・スマートフォン・タブレットで色んな機能が集約されてしまったので、結果としてソニー製品は、非常にニッチで尖がった製品が多くなりました。
どうも、今のソニーさんはニッチな製品がソニーらしいと思っているような・・・
違いますよ。一部のマニア受けじゃなくて、人々の生活を変える楽しい製品ですよ~[ひらめき]

ということで、だったら整理しましょ[わーい(嬉しい顔)]

そして、忘れてはいけないことは、昔は、とんでも無いブランド力があったのです。
SONYというブランドを作ったのは、紛れも無くバカ売れしたソニー製品があったからです。
テープレコーダ・トリニトロン・WalkMan・ビデオ・CD等々・・・すごいです。
そして井深・盛田・大賀という素晴らしく強い経営者のイメージが更にSONYブランドを強くしました。
せっかく素晴らしい遺伝子が残っているんですから、それを上手く使うのが一番です。[るんるん]

最近、日経新聞等でソニーさんから優秀なマネージメント層の退職が目につくと記事に出ていました・どんな人か分かりませんが、ストリンガー平井体制では話にならず離脱したのでしょう。怖い事は、離脱した優秀な人達が、起業してソニーさんの競合と提携していることです。

はっきり言います。かなり危険水域に来ていると思います。
下手したら、サムソンに買収かという話が今年あたり出てきてもおかしくありません。
そんな事になる前に、早く現在の経営陣を変えないと大変な事になります。
じゃないと、僕のαが・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

アクション1:単体では意味の無い製品を無くせ

今更、ポータブル音楽プレイヤーなんか要らないと思うのは僕だけでしょうか?
スマートフォンはじめ携帯電話、タブレットでも聞けます。
だったら、こんな音を聞くだけの製品を開発して売るなんて事やめてしまえばいいと思います。
でも、音はいいですよね[るんるん]
だったら、音と歴史を売り物にすれば良いことです。
そうです。とっても簡単な事なんです。TV・スマートフォン・タブレット・PlayStation等、音が出る物はすべてWalkManを入れてしまうのです。
実際にWalkManという製品を入れるのではなくて、「S-Master」という素晴らしい音質のチップなんですが、これを「WalkMan品質」とか言って入れ込んでしまい、とにかく音が良い、音ならSONYにしてしまうのです。
今更、単体で製品化してもそんなに売れません。iPodより売れたとか言う記事をみましたが、iPhoneがバカ売れしたということなので、なーんの意味も無いのです。ただ、音はiPodより良いというのは巷に広がっていますし、事実です。

WalkManというブランドは、現在の地に落ちたSONYブランドの象徴の1つとなっています。しかし、iPodより音が良いという噂を最大限に利用して、音の品質の象徴として「WalkMan品質」っていうのは使えるような気がします。

そういった意味では、新しいウォークマンZシリーズは、Androidを搭載してiPod touchを真似たのは良いかと思うのですが・・・

なんでカメラ付いてないの? スマートフォンにしないの? おまけに高いし[がく~(落胆した顔)]
いや~セコイというか・・・おバカもここまでくれば大したもんです。
単に、事業部が違うからCyber-Shotやソニーエリクソンに遠慮したのでしょう。
ということで、大組織病も末期になった証かと思います。
今更、デジカメなんか成長ないでしょうし、スマートフォンも差別化が必要ときたら、これしか無いのは誰でも気付いているはずですが、どうもストリンガー君と平井君は分かってないようです。

とっとと、組織を変えて、Cyber-Walkmanという名前でスマートフォン、WiFiモデル出せばいいでしょ。売上目標は、WalkmanとCyber-Shot、ついでにXperiaの3つ分を考えたらいいのではと思いますが、なんでやらないのかサッパリ分かりません。
つうことで、Walkman、Cyber-Shot、Xperiaの事業部が統合ですね。
バカでも分かるぞ~
そう言えば、日経Netの記事でPSP(PlayStation Portable)機能をつけたXperia Playの開発販売を手掛けた幹部が退社したらしいです。本当にもったいないというか、現在の経営陣に愛想をつかしたのでしょう。
このXperia PlayにWalkmanとCyber-Shotを付けてしまった製品はすごいと思います。
PlayStation Vitaも早々に、この事業部に入れてしまい、スマートフォン、タブレットで提供すべき製品かと思います。
iPhoneはじめサムソンのGalaxyより全然面白いスマートフォン/タブレットになると思うのですが、なんでしないのかさっぱり分かりません。

ついでに言えば、売れないTV事業部もやめてしまって、デカいタブレット・・・スマートTVの開発をするために、ここと同じグループに入れてしまえばい良いです。
これからのTVは大きいタブレットでしょう。スマートフォンのデカイのがタブレットなんですから・・・
おまけに、スマートフォンやタブレットが、全てのデバイスのリモコンになるので、非常に大事な製品になります。
一緒にやった方が無駄も無くよろしいのではないでしょうか・・・
ということでTV事業もここに統合決定~[るんるん]
最初から売れないのを分かっているのにSONYの冠までつけて平井君が発売してしまったソニータブレットも当然、ここのグループに入ることになります。

その他、沢山の無駄な製品がありますよね・・・電子書籍Readerとか[わーい(嬉しい顔)]
こんなのもありますよね・・・パーソナルナビゲーションシステムnav-uとか[あせあせ(飛び散る汗)]
スマートフォンとタブレットで十分なような気がしますが、なんでニッチな製品をやっているのか、本当に分かりません。
儲かっていたら、特化した製品も面白いですが・・・大赤字なんですよ。[むかっ(怒り)]
こんな事をして、アホなソニータブレット出すなんて・・・バカも限度があります。


アクション2:役割が終わりそうなメディアを無くせ

次に整理しないといけないのは、ブルーレイとPlayStationです。
ソニーエコシステムがあれば、もうブルーレイのようなメディアは要らないでしょう。たしかに、ソフトの流通でメディアは必要ですが、このネットの時代で、ハードディスクも大容量&安価になり、SSD(Flash Solid State Drive)のような半導体メモリーも普及されてきたので、バックアップ以外に役割は終わりに近づいています。
つまりFDD(フロッピーディスク)と同じ運命です。
だったら、ソニーさんが先手をとって無くしてしまいましょう。[わーい(嬉しい顔)]
どうしても欲しい人は外付けで十分かと思います。
これで、無駄な開発はPanasonicさんに任せて、「ソニーのブルーレイ」を無くしてしまい・・・

PlayStation3と録画機能&編集のできる昔のPSXみたいは製品にすれば良いと思います。
当然、ソニーエコシステムと繋がるので、録画番組をアップロードしてスマートフォン、タブレット、スマートTVで見れるようにすれば、かなり便利になるんじゃないでしょうか[るんるん]

そして、他社のTVと接続してしまえば、ソニー製のTVでなくても使えてしまい、ソニー製スマートフォン、タブレットをリモコンとして使ってもらい、スマートTV化してしまえばいいのです。
そうすれば、次にソニー製のデカいタブレット/スマートTVが売れる可能性も高くなります。
どんどんサムソンやLGのTVに繋げてもらいましょう。[るんるん]
薄利多売のTVは韓国勢に任せて、ソニーエコシステムと繋がる新PSXでソニーらしい楽しさを提供してあげてください。

これで大分整理できましたね。[るんるん]
残りは、オーディオはじめビデオやカメラ等ですが、これは趣味性が強いし、やはりカメラはレンズが勝負のところですから、しっかり特化してやってもらえたらいいと思います。
ただ、デバイスは全て、ソニーエコシステムに繋げることが重要です。
撮影されたコンテンツをいつでもどこでも配信できる機能は必須です。さらに、ファームのバージョンアップもPC使わないで直接できる機能は、必須になると思います。

さて、これらを実現する上で、もう1つ重要な事があります。
今のデジタル製品は、全てコンピュータなので、ソニーエコシステムとの接続を考えると、開発プラットフォームOSを共通にする必要があります。
それが、AndroidやLINUXでいいのか[exclamation&question]
僕は違うと思います。[ひらめき]
次回は、開発プラットフォームをどう考えるか提案してみたいと思います。
実は、ソニーさんが、世界を制覇できる、プラットフォームOSの可能性を感じています。
技術力は疑問ですが、会社が持っている環境がGoogle、Apple、MicroSoftと違います。
これからは、スマートデバイスの時代です。
全てを持っているソニーさんだから可能だと思います。

さて、アホな経営で無残なソニーさんにはあきれるばかりで、僕の大好きなαもα77で無茶苦茶な状況になっています。
そんな悲しい状況ですが、気分を取りなおして、悪魔のようなM42星雲のブラックフォールで出会った、正義の味方ウルトラマンを紹介したいと思います。

ultron.JPG
Carl Zeiss Ikon Voigtländer ULTRON 50mm F1.8
このレンズの詳細は、MAPカメラさんのサイト(←クリック)をご覧ください。
この写真は、円高バンザイebayで即決で落札した時の写真です。[るんるん]
ebayって不安に感じる方もおられるかと思いますので、この写真を見て、落札し私の元へ届いた物を紹介します。
はっきり言ってebayはバクチです。しかし、Feedbackをしっかり見て、写真を食い入るように見て勝負をすると勝てる事もあります。ちなみに私は、現在7勝1敗なのです。まぁ良い勝率ではないでしょうか[るんるん]

DSC09138.JPG
DSC09140.JPG
はい、騙されませんでした[わーい(嬉しい顔)]
元々、フロントキャップ、リアキャップが無かったので、輸送中のトラブルが心配でしたが、レンズに傷も無く、商品説明通り、「EXCELENT」 でした。
ebayで失敗しない方法は、とにかく、MINTを選ぶことです。新品同様ってことなんですが、MINTであれば、まず問題ないかと思います。日本のヤフオクで言うと美品ってことですが、たまーに本当に新品に近い超美品にあたります。ただし、Feedbackが99%以上でないとダメですが・・・

しかし、このULTRONは素晴らしい写りをします。これが40年前のレンズって想像できません。
これが手に入れば、僕はM42星雲ブラックホールから脱出することが出来ると思っていました。
しかし・・・Old Lensは、コーディングが現代レンズより当然劣っています。
だから、フードが絶対必要なのですが・・・
おい[むかっ(怒り)] 取り付け部が専用バヨネット式なので、汎用品が使えないやないか~[ちっ(怒った顔)]
そうなんです。たとえebayで安価に素敵なULTRONを落札できても、必要な備品がそろっていないと、まともに使えないのです。とくに、このULTRONはレンズよりも、フードとフィルターが大変レアということを、手にしてから知ることになりました。[がく~(落胆した顔)]

そして、僕は、この素晴らしいレンズを使うために、フードを探す果てしない旅に出たのです。[ぴかぴか(新しい)]
その旅には、更に深いブラックホールが待っていたのです・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

どこにある フードのともしび ULTRON

To be continued
nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。