So-net無料ブログ作成

2014年の始まりは Carl Zeiss と α7R [カメラ]

2014年がスタートしました。
昨年、素晴らしいカメラになるはずだった、α7R[ぴかぴか(新しい)]

ところが、悪い噂が出てしまい、大変残念な雰囲気になってきたところに
ソニーさん再度のリストラの報道がありました。[あせあせ(飛び散る汗)]

前から指摘している通り、平井君はコンテンツ屋上がりなので、
エレクトロニクス事業復活は無理です。[ひらめき]
本社技術上がりのパナソニック津田社長とは、質が全然違います。[あせあせ(飛び散る汗)]
この2年間でしっかり差がつきました。
津田社長は、軸足をしっかり定め、1回のリストラで一気に復活を果たしました。
平井君は、サードポイント社からコンテンツ会社の分社化を強く要求されて
いますが、明確に反対しています。
僕もその姿勢に賛成ですが、じゃぁ、なぜ、分社化しなくていのか明確に
示すことができていないのです。
僕は、平井君がCEO就任という噂の段階から大反対をしていました。
彼がCEOになるとソニーが無くなると今でも思っています。
僕が、ストリンガー君はじめ平井君達があまりにも酷いので、
2011年6月26日に「情報漏えい・・・ソニーさんが忘れた設立趣意書」という
タイトルでBlog(←クリック)を投稿しました。もう2年7ヶ月前のBlogです。[わーい(嬉しい顔)]
情報漏洩も売れない初代Sonyタブレットも、全部平井君が責任者なのに
責任もとらせずCEOにしちゃたので、うまく行くはずないです。
能力なければ、アイディアも無いので、ONE SONYと言って
全員で頑張ろう、売れそうな物だけ売ろう、売れなかったらリストラだぁ[むかっ(怒り)]
しか出来ないので、未だにダメダメなんですよね。[もうやだ~(悲しい顔)]
本来なら、ソニー全体の製品とサービスをエコシステムとして、まとめる必要が
ありますが、能力の無いCEOだとこうなってしまう見本になりましたね。[揺れるハート]
そういえば、2年前に「・・・ソニー復活論その1〜その3」をBlogに投稿しました。
詳しくは、コチラ(←クリック)をご覧下さい。
3ヶ月かけてBlogに投稿しました。アホな僕なりの2年前の復活論です。[ぴかぴか(新しい)]

こんな平井君ですが、彼の運は凄い物を持っていると思います。
なので、無能ですが、何か強運で復活の可能性があるかと・・・
Apple、サムソンが少し停滞気味になってきたのも
平井君の強運のおかげじゃないかと勝手に思っています。[わーい(嬉しい顔)]
ソニー嫌いのアンチさんの攻撃を考えるとα7Rがこの程度の
パッシングで済んでいるのは、平井君の強運のおかげかもしれません。
ということで、古いCarl Zeissのレンズでα7Rと楽しく遊んでみました。

_DSC2087-1.jpg
Carl Zeiss Jena Flektogon 2.8/20 w/α7R

_DSC2103-1.jpg
Carl Zeiss Jena Flektogon 2.4/35 w/α7R

_DSC2025-1.jpg
Carl Zeiss Jena Pancolar 1.8/80 w/α7R

_DSC2109-1.jpg
Carl Zeiss Planar 1.4/50 HFT w/α7R

あれ[exclamation&question] 生きの良い河豚刺し(てっさ)が入荷されています。[揺れるハート]

_DSC2133-1.jpg
Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS w/α7R

いかがですか[るんるん] 生きの良い新型のレンズも楽しげな感じです。
ただ、周辺や玉ボケが少し怪しいレンズでもありそうです。[ふらふら]
まぁ、フルサイズで、これだけ小さいレンズでF4を実現しているので、
3600万画素をお手軽に楽しめる素晴らしいレンズだと思います。[わーい(嬉しい顔)]
しかし、僕は、αレンズには評価あまいです。ユルユル評価です
たぶん、世間から、写りが悪い−とネガキャンが始まる予感が・・・[たらーっ(汗)]

新レンズ 毒持ち河豚か バリテッサ (バリオ テッサー)

新レンズは、我が家で、ふぐ刺しと呼ばれるようになりました。
奥さんが、かならず食って(売って)やると・・・[がく~(落胆した顔)]

To be continued
nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。