So-net無料ブログ作成

αレンズ 70-200mm F2.8 G 2 の功罪 [カメラ]

アベノミクスと騒がれて、早1年半年です。
消費税が8%になりました。[ふらふら]
黒田日銀のビックリ金融緩和で円安が顕著になりドル円も101~105円で推移してます。
エネルギー燃料の輸入も多額になって貿易赤字も順調に増えています。
円安傾向はまだまだ続くようです・・・
給料UP以上に物価の上昇が目についてしまいます。[がく~(落胆した顔)]
どこまで我々の生活が良くなったのでしょうか・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
そういえば、2008年にリーマンショックがありました。
その年の12月にFRBがQE1という非伝統的な量的緩和政策を行いました。
なんでQE1かと言うと、その後、QE2、QE3と段階的に量的緩和を強化したからです。
あれから5年過ぎて、昨年暮れから米国の景気も上昇基調になり、
QE3の解除を始めました。
なのでどんどんドル高になっているので、更に円安が加速してるのです。

ふと思うと、僕がカメラを始めたのが、2008年3月です。
不思議な縁を感じてしまいます。
そして、このBlogも6年が過ぎたのです。そして7年目に突入したのです。[わーい(嬉しい顔)]
我が家には、夥しい数の高級αレンズが入った黒い箱があります。
なんで、こんな事になってしまったのか・・・なんで、売る程、レンズがあるのか・・・

ふと思い返すと、SAL85F14Z Planar と SAL135F18Z Sonnar の2本を買ったばかりに
α900を買うはめになったのでした。
詳しくは、過去のBlog(←クリック)をご覧ください。
そして、α900を買うため、奥さんに鞄を買わされたのを思い出しました。[もうやだ~(悲しい顔)]
詳しくは、昔のBlog(←クリック)をご覧ください。

そして、α900を買ったばかりに、ミノルタGレンズに憧れてしまい
どうしてもSAL70200G が欲しくなってしまったのです。
しかし、30万円もする超高級αGレンズです。簡単には買えないなぁと思っていたら、
そう、忘れもしない、2008年12月17日・・・
その日に僕は、SAL70200GをニューヨークにあるB&Hで買ってしまったのです。
詳しくは、過去のBlog(←クリック)をご覧ください。

このSAL70200G というレンズの写りはズームレンズとは思えない、
見事なボケを演出し、息子撮影ではとんでもない絵を叩きだしてくれました。[揺れるハート]
しかし、超残念なのが、AFの遅さ・精度・迷いというレンズのヘレンケラーのような
悲しい現実もあります。[もうやだ~(悲しい顔)]
そんな、酷い超高級レンズでも、写りで許せてしまうすげぇーレンズだったのです。
僕が、このレンズに魅せられてしまった頃のBlogが、コチラ(←クリック)です。
AFが酷くても一生懸命練習していて、更にはSAL300F28Gまで手を出そうと
モガき苦しんでいたのです。[わーい(嬉しい顔)]

完全に僕のお金の価値観を崩壊させ、悪魔のようなレンズ沼に誘い込んだ、
SAL70200Gなのですが、これが大好きなα7Rの発売とほぼ同時に・・・

うぎゃぁぁぁ 新型SAL70200G2発売されてしまいました。[あせあせ(飛び散る汗)]

そうなんです、完全リニューアルなんです。[るんるん]
AFが4倍速くなったそうです。α99でAF-Dでの精度UPは確認済みです。[わーい(嬉しい顔)]
迷いも少なくなったとソニーさんが自慢しています。[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

もう、どうしましょって悩んでいたのですが、最近のソニーさんは、
レンズまで誇大広告を始めていたので、[ふらふら]
まずは、ユーザーレビューを待ちました。

やはり、出てきました・・・[がく~(落胆した顔)]
フレアが盛大に出るとのことです。[ちっ(怒った顔)]
ただ、僕的には旧型もそれなりに出ていたし、撮影スタイルから、
そんなに大きな問題に感じませんでした。
僕の一番、大きな問題はお値段です。[ちっ(怒った顔)]
いやぁぁぁ、この値段は無いでしょう。
僕は、ソニーさんの株主です。15%Offの資格を持っています。
そして、αフォトライフサポートにも加入しました。
So-net 10%ポイント還元キャンペーンを考慮しても、
実質240,000円となります。キャッシュとしては、270,000円位出ていきます。
他社と比べても、この値段は無いでしょ・・・
だったら、旧型のままで使おうと思っていました。
つまり、旧型でも全然満足の写りを魅せてくれるのです。[ぴかぴか(新しい)]

春分の日の夜、ふと夜中に目を覚ました。
何も考えず、iPadを開きました。
ほう、今日の僕の運勢は大吉のようだと、50過ぎたオヤジなのに
何故か楽しくなっていました。
そして、普段あまり見ない、中野フジヤカメラさんのHPを見ました。
SAL70200G2が23万円弱で売っていました。
大分安くなったなぁと思って、「荻窪さくらや」さんのHPを見ると・・・

へっ SAL70200G2 が、198,000円 [exclamation&question]
sal70200g2.jpg
(僕が購入した後の画像です。ただ、数時間後、発売が再開されてました。)

僕は、寝起きのせいか頭の中で何が起こったか分かりません。
春分の日の翌日は土曜日で、何故か午前10時過ぎに総武線に乗っていました。
そしてお昼ゴロに自宅に戻ると、僕の夥しい防湿庫の前に、
SAL70200G2 があるのです。[たらーっ(汗)]

僕に何が起こったのだろうか・・・何故、ここにSAL70200G2 があるのか・・・

まぁ、そんな事はどうでもいいです。とうとう僕は、手にしたのです。
早速、α7Rにつけて楽しんでみました。[るんるん]

AFが改善されていました。誇大広告ではありません。
やはり、高級αAマウントレンズは僕を裏切りませんでした。[わーい(嬉しい顔)]

どうですか?この写り、たまりません。さすがGです。
A7R-2092.jpg
α7R / SAL70200G2 絞りF3.2 SS1/1250 ISO100 WB:AUTO

そして動きもしっかりついて来ます。α7Rの超ダサいLA-EA4でのAFです。
A7R-2046.jpg
α7R / SAL70200G2 絞りF3.2 SS1/800 ISO100 WB:AUTO

α99のAF-Dを使うと、かなり良いAF性能になりました。
これは間違いなく良い進化です。たしかにフレアは気になりますが、
美しく息子の歴史を残すには、このレンズで歩留り上げた方が良いです。
最近、FEレンズSEL2470Zで悲しい思いをしていたので、安心しました。

誇りある Gの称号 間違い無し

やはり非球面レンズを使っていない高級αレンズは安心です。[揺れるハート]
やはり、αにはAマウントレンズですね。[わーい(嬉しい顔)]

To be continued
nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。